養老保険の満期保険金とは?

養老保険の満期保険金を調べた結果。

最近、あまり見られなくなってきていますが、古くからある生命保険に「養老保険」という珍しい名前の保険があります。

 

養老保険の典型的な特徴は、死亡時に支給される死亡保険金と、満期日(満期まで生存)に支給される満期保険金が同額ということです。

 

つまり、養老保険というのは銀行の定期預金に近い性質があり、死亡に対する保障は「付属」的な意味合いになっています。

 

それは、他の生命保険と違って保険料の割に死亡保険金の額が少ないことからも明らかです。

 

養老保険は貯蓄性を特徴とする保険であるため、満期保険金が元本割れすることは絶対にありません。必ず、払い込んだ保険料の総額より、受け取る満期保険金の方が多くなります。

 

ただし、養老保険においても入院保障や3大疾病保障などの特約を付けて販売されることが少なくありません。その場合の特約というのは保障だけであり、貯蓄の機能はありません。

 

従って、保険料は掛け捨てになるため、特約の付いた養老保険の満期保険金は保険料総額よりも少なくなります。例えば、保険料が毎月2万円で、保険期間が20年の場合、払い込む保険料は2万円×12カ月×20年で480万円です。

 

養老保険単体では必ず満期保険金は480万円より高くなりますが、これより金額の少ない場合は特約を付けたためです。

 

養老保険は銀行の定期預金より利率が高い上に死亡保障も付いていることから、非常にメリットの高い保険と言えますが、デメリットも見逃せません。まず、急にお金が必要になった場合、定期預金であればすぐに現金に換金でき、しかも、必ず預金額にいくらかの利息が付いて返金されます。

 

しかし、養老保険は途中で解約すると、利息どころか払い込んだ保険料も全額は返ってきません。また、過去のようなデフレの時代であれば養老保険の価値は高いのですが、経済状態がインフレに変わるとお金の価値が下がるため、現在買えるものが満期保険金を受け取る数十年後には買えなくなる可能性があります。

 

そして、当初は養老保険の利率が高くても、インフレが続けば、定期預金の金利の方が高くなる可能性もあります。

 

なお、保険会社が養老保険の販売を控えるようになったのは、現在のような低金利の時代に何年も何十年も先の満期保険金の支給をコミットされるのはリスクが大き過ぎるからです。実際に、満期保険金の予定利率は過去から比べるとかなり低くなっています。

 

ちなみに、毎月の保険料の支払いが厳しくなったことで解約するのであれば、保険料の払込を停止する「払済」という手続きがあります。保険の支払が苦しくて、消費者金融からお金を借りて、最終的におまとめローンを組む人もいますが、保険の途中解約がもったいないからと言って、消費者金融から借りるのは本末転倒です。

 

そのような時は払い済みを利用しましょう。払済というのは、現時点で払い込まれた資金を元にして、以後の保険料を支払わずに保険を継続させるシステムのことです。

 

当然、死亡時や満期時に受け取る保険金は少なくなりますが、解約して保険料を無駄にするよりは満期金を受け取れるようにした方が賢明です。また、わずかながらも死亡保障を確保することもできます。


page top